歯並びが悪いとどういう影響が出るのか【歯のあれこれ】

line

医療法人社団_恵樹会_プラザ歯科

04-7166-4180
診療案内
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 無痛治療
  • 虫歯予防
  • PMTC
  • 歯のお悩み相談
  • 料金のご案内
WEB予約(初診用)
WEB予約(再診用)
プラザ歯科の歯科治療

歯のあれこれdental_knowledge

歯並びについて
歯並びが悪くなる原因は?

一般的に「歯並びは遺伝しない」と言われています。歯並び自体に影響する遺伝子があるわけではなく、歯並びが悪くなってしまうのには何かしらの原因があるということです。
まず、歯並びは歯の大きさと顎の大きさのバランスの違いで変わってきます。顎に対して歯の方が大きければ、歯が顎に入りきらずにきれいに並んで生えてくれません。歯の生える順番は遺伝子によって決まっていますので、後から生えてくる歯の場所があいていなくて列からはみ出してしまうというわけです。
そこで「では歯並びが悪くなる原因は?」と聞かれれば、私はやはり遺伝による影響が大きいと思っています。しっかり噛めば顎がしっかり成長して、歯並びの程度が緩和すると言う考え方もありますが、しっかり噛んだからと言ってどんな人でも顎の方が大きくなるわけではありません。遺伝によって顎と歯の大きさがある程度決まっていて、その遺伝による顎の大きさと歯の大きさのバランスの違いが歯並びに影響していると私は考えます。
歯ではないですが、受け口なども遺伝の影響が大きいと思っています。嚙み合わせよりも、顎が肝心なのです。

八重歯って出っ歯なの?

「糸切り歯」と呼ばれる歯が出っ歯になると八重歯なります。
出っ歯と言っても、どこの歯が出っ歯になるのかで「出っ歯」と呼ばれるのか「八重歯」と呼ばれるのか変わってきます。糸切り歯よりも後に前歯が生えてくれば、前歯が前に生えてしまうので、「出っ歯」になったり、糸切り歯が内側に入ってしまったりすることもあります。歯の生えてくる順番によって本当に人それぞれ違います。

乳歯が抜けないと歯並びは悪くなる?

基本的には、乳歯の下から永久歯が生えてきて乳歯が抜け落ちます。
健康な乳歯の状態であれば順序立ててきれいに抜けますが、虫歯になったことで炎症が残り永久歯が生えてこれずに、乳歯が抜けるのが遅くなることがあります。
乳歯が抜けてから永久歯が生えて来る場合もありますし、歯胚(歯になる前のもの)が本来あるべき場所になく乳歯を押してくれないので永久歯は生えて来ない上に、乳歯は抜けないということもあるのです。

歯並びに食事は影響する?

食事は直接歯に影響するのではなく、顎に影響しています。
発掘された化石を見ても、昔は顎が大きく今の様に乱ぐい歯(歯がデコボコに生えている状態)は少なかったようですし、昔は食べ物も硬かったので、しっかり噛まなければならず下顎ががっちりしていたようです。現代は、ハンバーグなどの柔らかい食べ物が主流になっていますから、顎が思うように成長しないこともあるでしょう。歯の大きさは昔とあまり変わっていないので、遺伝的な要因もありますが、食べ物の影響で顎が小さくなり、そこに歯が生えてくるため乱ぐい歯が増えていると考えられます。
昔の食べ物の方が硬く糖分も少なく繊維質も多かったので、噛んでいる間に歯自体も掃除されていたためか、圧倒的に昔の人の方が虫歯になり難かったようです。

歯並びが悪いと何がいけないの?

歯は全部で何本あるかご存じですか?
片方に親知らずを含めて8本あります。8本の歯が左右上下にありますので8×4で、全部で32本あります。親知らずは必要ないので、28本と言う考え方もあります。
歯が1本なかった場合、噛む効率が30%落ちるといわれています。1/28なのに、30%です。本数でいうと8本位無い計算になります。つまり、1本歯が無くなるとそれだけ食べられなくなるのです。一見歯並びが綺麗に見えていても、噛み合わせのバランスが悪い場合があります。上は上で綺麗に並んで、下は下で綺麗に並んでいても、嚙み合ってなければ食べる効率は悪くなります。
歯並びの良さは噛む効率などにも関係しますが、歯並びによって顎の位置が決まってきますので、正常な顔貌、つまり見た目にも影響してきます。歯の矯正ではまず機能的にしっかり噛める様にし、さらに見栄え、見た目も整えます。また、歯並びのいい人の方が歯並びの悪い人よりも歯ブラシがしやすいこともあり、矯正を行うことで、虫歯や歯周病になりづらくなるという利点もあります。このような観点からも歯の矯正をお勧めします。

口呼吸ってよくないの?

口呼吸になってしまう原因に歯並びがありますが、大きな意味では遺伝だと思います。
口呼吸をする人の多くは鼻が悪い方が多いです。鼻炎の方は、どうしても鼻で呼吸することが出来ず口で呼吸します。口呼吸すると、開咬と言って歯が閉じない状態になります。そうすると、出っ歯になりがちです。
口呼吸だと、口が渇き虫歯にもなり易いです。それが原因で歯並びに影響する事もあります。唾液の分泌量が少なくなり、病気に繋がったりするケースもありますので、鼻の悪い方は耳鼻科への受診をお勧めいたします。

歯並びは悪くないが歯が小さい場合は?

歯並びが悪くなければ悩む必要はありません!
矮小歯という、凄く小さくて形も違う歯もありますが、普通の形でしたらなんの問題もありません。
歯の形、大きさは人それぞれですので、逆に大きい歯の人は、小さい歯の人に憧れているかもしれません。
全体的に歯が大きい場合、虫歯を治すときに少し小さめに作って下さいとリクエストされる事はあります。
歯が小さいといっても、長さが短いことに悩まれている方もいらっしゃいます。このような場合は、かぶせればいくらでも長く出来ますがあまりお勧めはしません。
それぞれの個性の一つとして、歯と付き合っていってほしいですね。

pagetop