正しい歯ブラシ選びと、デンタルフロスで健康な口内環境を保ちましょう【歯のあれこれ】

line

医療法人社団_恵樹会_プラザ歯科

04-7166-4180
診療案内
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 無痛治療
  • 虫歯予防
  • PMTC
  • 歯のお悩み相談
  • 料金のご案内
WEB予約(初診用)
WEB予約(再診用)
プラザ歯科の歯科治療

歯のあれこれdental_knowledge

歯ブラシのあれこれ

歯ブラシに関しては、電動でも手動でもどちらを使っていただいても構いません。それぞれメリットとデメリットがあります。
電動歯ブラシは、音波や超音波によってプラーク除去がしやすく、手動の歯ブラシは、電動よりコンパクトなため持ち運びやすく形状が多様で、自分に合ったものを使用できます。
繰り返しになりますが、歯磨きで大切なのは、いかに歯ブラシを歯・歯茎に当てて磨くかという事です。また、歯間ブラシや糸ようじに関しては、使用しないよりは使用した方がよいです。
しかし、若い方の場合は歯と歯の間に歯間ブラシが入る隙間がないのではないでしょうか。ご高齢で歯茎が下がってきたような方には歯間ブラシをおすすめしますが、若い方にはデンタルフロスをおすすめしています。
私個人としては、どちらかというと歯間ブラシは歯周病対策、糸ようじは虫歯対策という認識をしております。
また、歯ブラシの交換するタイミングとしては、1か月程度を推奨しております。歯ブラシの形状などによって個人差があるため、一概にはいえませんが、毛先が開いた状態になった時点で歯ブラシの寿命といえます。

pagetop